今なら「Wannabe Academy」無料個別相談会参加で入学金6万6,000円が50%OFFに!公式サイトへ

【13話】ラスボス卒業課題。広告運用を改善せよ!【Wannabe Academy体験談】

前回の振り返り(【12話】ついに最終講義!ラスボス登場、卒業課題【Wannabe Academy体験談】)。

いよいよ12回目の最終講義。これまで大変だった日々を振り、ワシ自身の成長を感じたんやった。

そして、「Wannabe Academy」のラスボス、2つの卒業課題が発表。2つの卒業課題は、広告運用とメディア分析。

卒業課題は、実際にある企業に改善案を提案するっちゅうことで、めちゃ不安なワシ。果たして、ワシはラスボス広告運用を倒すことができるんやろか…。

ちな、この記事では企業名が紹介されるけど、スクールに確認を取ったうえで紹介しとるで~。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af-%e3%83%86%e3%82%af%e3%83%8e%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%83%bc-6795505/#content

目次

1つ目のラスボス卒業課題、広告運用

「Wannabe Academy」のラスボス、卒業課題は広告運用とメディア分析の2つがある。まず、ワシは広告運用の卒業課題からやることにした。

カピまる

正直、広告運用は苦手なんやけど、まずはやるしかあらへんからなあ…。

広告運用は、リフォーム会社「株式会社fm」にリスティング広告を提案することや。

画像:株式会社fmのサイトより

目標CPA(お客さん1人を獲得するためにかかる費用)を7,500円以下に抑えたうえで、リスティング広告を提案するんや。また目標CPAとは別に、月予算は30万円って決められとる。

なお、リスティング広告を考える時は、卒業課題シートにある次の資料を使うで。

卒業課題シートで使う資料
  • 【競合調査フォーマット】
    自社の強みや弱みだけやなくて、競合3社の強みや弱みも調べてまとめる
  • 【キーワード表】
    過去に配信したキーワードを参考にしながら、入稿するキーワードを考える
  • 【シミュレーション】
    入稿するキーワードを「キーワードプランナー」を使って予想される数値をまとめる
  • 【広告テキスト】
    リスティング広告を配信する時に使う見出しや説明文をまとめる
カピまる

正直、めっちゃ大変そうなんやが…。

卒業課題のあまりにやることの多さに、思わずたじろぐワシ。せやけど、まずは比較的手のつけやすそうな競合調査からやってみることにした。

ステップ①競合調査で自社や他社の強みと弱みを調べよう!

カピまる

確か、講師の人が強みとか弱みとか、分かってることから調べた方がええって言ってた気がするなあ…。

そんなワケで、「株式会社fm」や競合3社の強みと弱みを調べることから始めたワシ。

ただ競合調査といっても、強みや弱みだけやなくて、サービスの価格帯ターゲット層ネット広告を出稿してんのかも調べないとアカン。

カピまる

ただ調べるだけでも、めっちゃ大変なんやが…。

そんな弱音を吐きつつ、競合調査をやっていくこと5時間。

カピまる

はぁ…、やっとまとめられるとこはまとめられたで。
ワシ、疲れた!

疲れながらも、ひと通りの競合調査を完成させたワシ。なお、ワシが作った競合調査シートは次の通りや!

画像:競合調査シート

なお、競合調査シートの下には競合調査結果をまとめる項目があるんやけど、それは後回しにしたで。

カピまる

リスティング広告に出稿するキーワードとか、広告文をちと考えたかったからな。

そこを考えた後に、競合調査結果をまとめたかったんや。

ステップ②リスティング広告に出稿するキーワードを考えよう

競合調査がほぼ終わったところで、次はリスティング広告に出稿するキーワードを考えてく。

カピまる

リスティング広告に出稿するキーワードって、何考えればええのか分からん…。

いきなり出稿するキーワードを考えろって言われても、どうすればええのか分からんワシ。

カピまる

せや! 過去に配信したキーワード一例があるんやった。

過去に配信した分を参考にしながら、キーワード考えればええんや。

過去に配信したキーワードを参考にしながら、新しいキーワードを考えるワシ。

カピまる

正直、過去に配信したキーワードでもコンバージョン取れてるんよなあ。

せやから変にいじらず、ちょこっとキーワードを追加したり、広告から除外するキーワードを追加したりするぐらいでええ気が…。

というワケで、ちょこっとキーワードを追加したり、広告から除外するキーワードを追加したりするだけに留めたで。

カピまる

変にキーワード追加したら、目標CPAの7,500円オーバーしたり、月の予算30万円オーバーしたりしそうやからな(過去のトラウマ的な意味で)。

競合調査シートや過去に配信したキーワードを参考にしつつ、あれこれ考えること2時間。

ついに、出稿するキーワードがまとまったんやった。ワシの考えたキーワード一覧は次のとおりや。

カピまる

ちな、ワシが何でこのキーワードを考えたのか、設計説明も記入したからあわせて紹介するで。

ワシの考えたキーワード一覧
画像:出稿キーワード一覧
画像:キーワードの設計説明

なんとか、それっぽくリスティング広告に出稿するキーワードを考えられたワシやった。

ステップ③考えたキーワードをシミュレーションして、予算内なのか確認しよう

リスティング広告に出稿するキーワードを考えたら、次にGoogle広告のキーワードプランナーを使って、配信する広告が予算内かシミュレーションする。

カピまる

ただ出稿するキーワード貼り付けて、シミュレーション結果出せばええんやろ?

これまでの作業の中でめっちゃ簡単やん♪

と、余裕をブチかますワシ。

ところが、いざやってみると…。

画像:キーワードプランナーのシミュレーションより
カピまる

あ、あれ…?

費用が予想よりめっちゃ低いし、コンバージョンの数値ってどうやって調整するんやっけ…?

キーワードを貼り付ければ簡単にシミュレーションができると思いきや、なかなか上手くいかず。

カピまる

ダメや、シミュレーションできへん…。

ネットでキーワードプランナーのシミュレーション方法をいちから調べてみるしかあらへん。

ネットで、キーワードプランナーのシミュレーション方法を調べてから出直すことにしたワシ。

調べた結果、コンバージョンの調整方法が分かり、費用が予想より低く表示ことは上限クリック単価の設定が低いせいってことが分かった。

そこで、もう一度シミュレーションをやってみると…、

カピまる

おっし!

今度は上手く行ったで~!

ちゃんとしたシミュレーション結果が出ることに成功したで。なお、ワシが出したシミュレーション数値は次のとおりや。

画像:卒業課題のシミュレーション数値にまとめた結果
カピまる

目標CPA7,500円を50%以上も下回っとるし、予算も26万で30万円以内に収まっとるな。

これでオッケーや!

無事、予算通りに収まったことに安心するワシやった。

ステップ④リスティング広告に出稿する広告テキストを考えよう

リスティング広告に出稿するキーワードが予算内って分かったら、最後に、リスティング広告に出稿する広告テキストを3つ考える。

と、その前に…。

カピまる

そういや、競合調査シートの下に競合調査結果をまとめる項目があったな!

ここまで来たら、もうまとめられるかもしれへん。

リスティング広告に出稿するキーワードを考えたあたりで、「今なら競合調査結果をまとめられるかもな~」って感じたんや。

ってなワケで、早速、競合調査結果をまとめることにした。なお、ワシがまとめた競合調査結果は、次のとおりや!

画像:競合調査結果のまとめ
カピまる

これで競合調査結果を記入できたで!

競合調査の結果を踏まえて、どんな広告テキストにすんのかよう分かってええなあ。

と、調査結果をもとに、どんな広告テキストにすればええのか分かってきたワシ。

そして、広告テキストを考える作業に戻る。

ちな、広告テキストも過去に配信したモンが資料として残っとるから、それを参考にしながら作ってく。

カピまる

広告テキストは、杉並区を中心に実績があること、小さいリフォームからできること、LINE相談ができることをウリにしたモンにすっかなあ…。

ワシが考えたことと過去に配信した広告を見比べなら、広告テキストを考えてく。

そうして、考えながら作業すること2時間…。

カピまる

おっし、ワシオリジナルな広告テキストが完成したで!

ついに、ワシオリジナルな広告テキストが3つ完成。なお、ワシが考えたオリジナルな3つの広告テキストは次のとおりや。

広告テキスト①実績をアピールした内容
画像:広告テキスト入力欄
画像:広告テキストの配信イメージ
広告テキスト②小さいリフォームができる内容
画像:広告テキストの入力欄
画像:広告テキストの配信イメージ
広告テキスト③予算が気になる人向けの内容
画像:広告テキストの入力欄
画像:広告テキストの配信イメージ
カピまる

はあ…、これでようやく、広告運用の卒業課題が終わったで。

あとは提出して、これでええかスクールからの連絡を待つだけやな…。

卒業課題は提出したら終わりやなくて、スクールから「これでOK!」ってお許しがないとダメなんや。

ってなワケで、提出して連絡を待つことに。

広告運用の卒業課題の結果発表!果てして…

広告運用の卒業課題を提出してから1週間。ついに、結果が帰ってきたんやった。

カピまる

はぁ、合格点届いてなかったら再提出や…。

そうなったらまた修正せんとアカンな…。

卒業課題は50点満点中、40点だと合格とみなされる。不合格やと再提出になり、1ヶ月間の提出期限までに合格できへんと「Wannabe Academy」を卒業できへん。

「合格できてなかったらどないしよ…」と不安を抱きながらも、早速結果を確認してみることにしたワシ。

結果は…、

44点

カピまる

ファッ!?

ワシ、あんまし自信あらへんのかったんやけど…。

合格やあああああああああああああああああああああああああああああ!!

もっと低い点数で再提出を覚悟しとったんやけど、まさかの一発合格に驚くワシ。

「Wannabe Academy」で提出した課題はフィードバック付きで返ってくる。もちろん、卒業課題もフィードバック付きで返ってくるから、内容を確認してみたで。

なお、広告運用の卒業課題のフィードバック内容を、良い点と改善点をそれぞれ紹介すると次のとおりや。

良い点
改善点
  • 過去の配信データを踏まえてキーワードの提案ができてる
  • 分析結果から広告の見出しと説明文が作られてる
  • アピールする部分にあわせて広告が作られてる
  • 競合調査で何でこの会社を選んだのか理由があると良い
  • 何で目標CPAを大幅に下げられたのか根拠があると良い
カピまる

そうやなあ、過去の配信データからちゃんと考えて広告作れたのが良かったんやなあ。

ただ、競合調査で選んだ会社の理由とか、何で目標CPAを下げられたんかを書いたほうが良かったかもなあ。

と、良い点と改善点を振り返るんやった。

カピまる

いやあ、ワシ、リスティング広告の提案ってめちゃ苦手やったんやけど、上手くできて良かったで。

初めてリスティング広告に挑戦した時は、ヒイヒイ言いながらやっとたもんなあ。

そんなワシが、過去の配信データから分析して広告を提案できるようになれるなんて、めちゃ成長を実感しとるで!

初めてリスティング広告に挑戦した日々を振り返り、卒業課題に合格できたワシの成長に喜んどった。

せやけど、卒業課題は広告運用だけやなくてメディア分析もある。

カピまる

メディア分析なら、ワシのこのブログでやっとる経験もあるし、広告運用よりもできそうや!(たぶん)

ワシのブログ運営の経験から、メディア分析の方がもっとできると余裕をブチかますワシ。

果たして、メディア分析の卒業課題も合格できるんやろか?

次回、卒業課題メディア分析へ続く…。

  • 回数制限なし・無料で補講受け放題
  • 分からないところはチャットで何度でも質問できる
  • 実務研修でWebマーケティングの実務経験を積める
  • 未経験からWebマーケティングへの転職サポートが充実
  • 今なら無料個別相談会参加で入学金6万6,000円3万円3,000に!
・迷ったら無料説明会や個別相談会参加がおすすめや!
・無料説明会の体験談を読みたいならこの記事
・個別相談会の体験談を読みたいならこの記事
・キャリア面談の体験談を読みたいならこの記事
目次